時間パック

15時間パックご利用実例
妻の下着が急に派手になった!

依頼者:46歳 男性 結婚20年目

週4日のパート勤めの奥様。
平日のパートが休みの日に限って、最近購入した派手な下着をつけて出かけていることに
気づいたご主人。
子供が学校に出てから帰宅するまでの時間がフリーになる奥様を15時間パックを利用して、調査することになった。

■調査1日目
奥様のパートが休みという水曜日、9時からご自宅付近にて調査を開始する。
子供が登校して2時間後の11時、奥様が自転車で家を出る。
最寄駅に自転車を停めて電車で移動、下車した駅にあるショッピングモールに入り
ゆっくり買い物をした奥様は、誰と接触することもなく14時に帰宅する。
【9時~15時の調査で6時間消化】
※この日は誰とも接触せずハズレではあったものの、奥様が男性物のネクタイを購入して
いたことが確認できており、ご主人はネクタイを付けない職業とのことで、翌週の休みの日も再調査することになる。

■調査2日目
翌週のパートの休みは火曜日。この日も前回と同じ9時から調査を開始する。
10時すぎに奥様が家を出、歩いて5分ほどのコンビニに向かう。
コンビニ駐車場に停まっていた1台の車の助手席に乗り込み、車は発進する。
高速道路を使用し、郊外の観光地へ到着した車から、奥様と男性が降り、ランチや買い物を楽しむ様子。
2人が手をつないでいることも確認できた。
その後、2人は車でラブホテルへ入り、3時間後にホテルを出て帰路につき、朝と同じコンビニで別れた。
相手男性の車がどこへ帰るかを尾行し、男性の自宅住所を確認した。
【9時~17時の調査で8時間消化】

不貞の証拠1回+相手男性の自宅が判明!!

1日目6時間 + 2日目8時間 = 14時間(残1時間)
⇒180,000円

15時間パック:180,000円
※1日3時間~時間割り振り自由

15時間パックを選んだ理由は…
・奥様の休みの日が把握できていたため、調査日が特定しやすかったこと
・もし奥様が出かけない場合は3時間で終了し、翌週、また翌週…と監視できると考えたため
45時間パックご利用実例
LINEのやり取りで、夫が浮気相手と旅行に行くことが判明。
証拠をとって、相手女性と別れさせたい!

依頼者:52歳 女性 結婚30年目

子供たちが自立し、夫婦2人の生活。
必要以上の会話はなく寝室も別々、ほぼ家庭内別居状態。
先日ご主人がスマホを置きっぱなしでお風呂に入っていたとき、女性の名前でラインが入ってきた。
試行錯誤してロックを解除できラインを見ると「来週、本社に出張にいく」と聞いていた日に、その女性と温泉旅行に行くことが判明した。
奥様はパート勤め、1人で生活していくには蓄えもなく、今離婚と言われたら困ると言う。
もしもそうなった時のためと、できれば浮気相手と別れてもらうための確たる証拠が欲しい。
旅行にいくので調査時間が設定しづらいため45時間パックを利用することになった。

■調査1日目
出張にいく日、朝6時に自宅付近で調査を開始。
6時半に出発すると言っていたご主人が、時間通りに家を出る。
電車を乗り継ぎ、事前に指定チケットで分かっていた通り、新幹線の駅へ向かう。
新幹線駅ホームで同年代の女性と合流するご主人。2人は並んで席に着く。
目的地に到着、食事や観光を楽しんだ後、温泉旅館へ入る2人を確認する。
その後、2人が旅館から出ることはなく、深夜0時に一旦調査を終了する。
【6時~24時の調査で18時間消化】

■調査2日目
朝7時よりホテルロビーで調査を再開。
10時チェックアウトぎりぎりに2人がフロントで会計し、レンタカーを借りて観光スポットへ移動。
そこで2人が腕を組みながら歩く様子や、楽しそうに食事する様子が確認できた。
16時、レンタカーを返却して新幹線に乗車し、待ち合わせをした駅で揃って降り、そこで2人は別れる。
そこから相手女性の調査に切り替え、女性の自宅が判明した。
【7時~22時の調査で15時間消化】

■調査3日目
旅行の3日後、平日朝6時より相手女性の自宅付近にて調査を開始。
1時間後、女性の自宅より同年代の男性がスーツ姿で出勤、しばらくして高校生くらいの女子が登校していく姿を確認する。
8時半、女性がスーツ姿で出、最寄り駅から電車を乗り継ぎ、出勤する。
女性はご主人と同じ会社の同僚で、既婚者、高校生の子供がいることが判明した。
【6時~10時の調査で4時間消化】

■調査4日目
家庭内でほとんど会話がないため、女性と会う日の特定が難しいため、調査日をご主人が比較的帰宅時間の遅い金曜日に設定。
退社時刻の18時より会社付近で調査を開始する。
18時40分、ご主人が同僚らしき男性数名と会社を出る。
そのまま、その数名で駅前の居酒屋に入って行く。
その後、女性が遅れて現れることも考慮し、20時半まで監視するが女性は現れず、店内の様子を確認しても、最初に入った男性らと飲食しているご主人。
今日は女性と接触する様子はなさそうと判断し、調査を終了する。
【18時~21時の調査で3時間消化】

■調査5日目
翌週の金曜日、再度ご主人の会社前で18時より調査を開始する。
19時、女性が単独で会社を出て駅方面に歩いていく様子を確認。その15分後、ご主人が会社を出、同じく駅方面へ歩く。
駅ホーム上で女性が待っており、2人は合流、3駅先で揃って降りて近くのレストランに入っていく。
レストランの外から、2人が楽しそうに食事をしている様子が確認できた。
食事が終わりレストランを出た2人は、すぐ近くのラブホテルへ入る。
3時間後、2人が揃ってホテルを出て2回目の不貞の証拠をとらえるできた
【18時~24時の調査で6時間消化】

不貞行為2回分の証拠+相手女性の勤務先+相手女性の自宅が判明!!

45時間パック 486,000円 + 延長1時間 13,000円 = 46時間
⇒499,000円

45時間パック:486,000円
※1日3時間~時間割り振り自由

離婚裁判となった場合、1回より2回…証拠が多い方が有利となるため、
奥様は2回以上の証拠と、相手の女性に慰謝料請求するための住所や勤務先を判明することができた。

45時間パックを選んだ理由は…
・一泊旅行のため、2人で行動する時間が長時間になること
・旅行後、相手女性の住所や勤務先も調べたかったこと
証拠は2回以上、撮っておきたかったこと